小田原「サカナキュイジーヌ・リョウ」さんで旬の小田原アジ。

こんにちは。

ところ変わって、先日は小田原へ行ってみました。

小田原といえばアジ!小田原城!という浅い前知識のもと・・
雨のなか探索してみることに。
ちなみに大磯から東海道線下り方面へ向かうのはこの日が初めて。

少し迷いながらも、駅を降りて15分ほど歩いて小田原城へ到着。

白い外観とピンクの桜が優雅。
今は耐震改修工事の真っ最中で天守閣内へ入ることはできず・・

4月下旬のリニューアルを経て、5月3日の小田原北條五代祭りが楽しみです。

お城から少し歩いて、報徳二宮神社へ。

おっと、見覚えのあるフォルム・・!
二宮金次郎さん。

神様として祀られているそうです。

うちの旦那さんも、金次郎さんのようによく本を読みながら歩いているそうで・・
危ないんですけど。

歩く間も惜しんで、勉学に励んでおるようです。

そんな神社の横にある「きんじろうカフェ」さんで休憩を。

窓はなく、開放的な作りになっています。檜の匂いかな、癒されるー。
暖房器具がついているのでそこまで寒くないです。

クリームしるこwithお団子を注文。

火力が弱いので・・少しずつ焼けてゆきます。
ポイントは動かさないことですね・・根気が重要。



クリームしるこ、もう少し甘さ控えめだとうれしいな。

銅像のほっぺに桜がついて可愛らしい。笑

軽食のほか、金次郎さんグッズの取扱もしていました。どれもキュートで、名言多し。
緑に囲まれたちょっとおしゃれで落ち着けるカフェでした。

ぐるっとお堀の桜を見て、商店街方面へ。

商店街には古くからある小売店が多く、歴史を感じました。
初めて行く土地の商店街を巡ったり、スーパーを覗いたりするのって楽しいなー。
この街の住人気分で歩いてみると面白い。

夕食は、SAKANA CUISINE RYO(サカナキュイジーヌ・リョウ)さんへ。



小田原アジのたたきを注文。薬味たっぷりが嬉しい。

調べてみたら、ちょうど4月〜5月の今が旬とのこと。
脂がのって、身がぷりぷりしておいしい〜。

東京で食べていたお魚とは全然違うなー。やっぱり素材、生魚は鮮度が命ですね。

そして東京と比べるとお値段お安い・・

このほか、写真を撮るのも忘れてたくさん注文しちゃいました。
もちろん、どのお料理も美味でした!

4月24日には小田原鯵アジ・地魚祭りってのが開催されるようです。
これは楽しみ。

ではまた。

サカナキュイジーヌ・リョウ | Retty(レッティ)

【便利なルート地図つき】小田原の「サカナキュイジーヌ・リョウ 」は美味しい魚介・海鮮料理のお店です。小田原駅の近くでみんなでも、1人でふらっと使うのもオススメです。さらに詳しい情報は実名口コミが集まるRettyで。

関連記事

2016-04-08 | Posted in ごはん, 小田原, Comments Closed