Lee’s Bread(リーズブレッド)さんのパン。

こんにちは。

先日、大磯港へお魚を買いに行ったつもりが、行列の行方を追って美味しそうなパンを買ってしまいました。

毎週土曜日の大磯港漁協建物下では、魚と一緒に地元の野菜やパンなどを売るお店が出ています。

行列には子供連れの方が多く、休日の朝からにこやかな気分になります。

子供がいると話題にことかきませんね。

待つこと15分ほど。

木箱に入ったいくつかのパンの中から、ごまの付いた小ぶりの食パン、オレンジが乗ったパン、それからパイナップルの入ったポップオーバー(というのかな?)を選びました。

オレンジが乗ったものが120円、そのほかは300円です。

家に戻り早速ホームページを調べてみると、外国人女性の画像が。

ん?開くページを間違えたかしら。

それもそのはず…アメリカ出身、茅ヶ崎在住のリーさんが作るから「Lee’s Bread(リーズブレッド)」なのでした。

大磯市や漁港への移動販売がメインのようで、横浜や二宮など各地に出店されているようです。

そして毎回行列ができるほど人気なんだとか。

主人と分けるため半分に切ってみました。
断面も美しい。

パイナップル、オレンジ、それぞれ自然な甘さで香りがいい〜。

そして後日、ごまの付いた食パンでサンドイッチを作りました。

小田原産のブロッコリーや、大磯産のトマトも挟んで。
地元の恵みがつながったサンドイッチになりました。なんだか美味しさもひとしおです。

小ぶりで薄切りなため、3段にしてもペロッと食べちゃいました。

最近、パンの話題ばかりです…
だって美味しいものがいっぱいあるんだもの。
日々、湘南の魅力を感じております。

ちなみに、大磯港での販売時間は10時〜11時半迄のようです。

魚やパンなどが売り切れる前に早めに足を運んで、その後「めしや大磯港」さんでのランチなんてのもいいですね。

出店情報などは「大磯港の直売所」のFacebookページもご確認ください。

Facebookって最近は個人の情報発信より店舗情報の更新ばかり見てしまいます。
地元の情報収集に役立ちますね。

ではまた。

Lee’s Bread

宅配パン屋。ヨーロッパ古来のパンの製造方法を踏まえ、新しい感覚で蘇らせることがLee’s Breadのポリシーです

関連記事

2016-05-04 | Posted in パン, 大磯, 湘南, 茅ヶ崎Comments Closed