茅ヶ崎「ちょうたら」さんで南インドカレー!

久しぶりにちょうたらへ

See this Instagram photo by @a_tmospheri_c * 281 likes

※写真はInstagramよりお借りしました。

こんにちは。

毎日ほんとうに暑い日が続きますね。強い日差しがジリジリと…すぐそこには大磯の浜辺が広がっているというのに、暑さにかまけて重い足が動きません。

「こんな時はカレーを食べよう!夏だ!カレーだ!」と思い立ち、先日紹介した湘南スタイルのレストランガイドをパラパラとめくり、茅ヶ崎にある「ちょうたら」さんというお店へ行ってみることに。

カレーにもたくさんの種類や好みがありますが、この日伺ったのは他でもない「南インドカレー」が食べられるお店です。

メニューは、ベジ(菜食)と、ノンベジから選べます。

この日はエビマサラを注文。エビの旨味が出たカレーが大好きなので、迷わずノンベジを選びました。

飲み物もセットで付いてくるそうで、食後に冷たいチャイをお願いしました。

お店に入った瞬間から、異国へトリップしたような気分!まるで日本人が作ったお店とは思えません。旅をしてるみたい。

内装やインテリアはもちろんインド仕様。店内に流れるのは言うまでもなくインド音楽。
伸びやかな歌声と、独特な音色の楽器が醸し出す緩やかな雰囲気にテンション上がります。

ピンクの壁、カラフルなトタンで飾られた天井、1席ごとに家具も違っていて可愛い。

2016.7.18.MON.☀︎ おはようございます 昨日行った#カレー 屋さん# 暑い中頑張って歩いた甲斐あった〜 店内可愛かった## #ちょうたら

See this Instagram photo by @oceanlove2 * 27 likes

※写真はInstagramより。コメントに共感しちゃいました!

店内の雰囲気を楽しみつつ、おまちかねのミールスが登場。

スパイスの香りと彩りに刺激されて、食べる前から元気が湧いてきます。笑

「初めてですか?」と気さくに話かけてくれるマスター。食前にミールスの食べ方を教わりました。
(にっこり笑顔がチャーミング!)

まずは右のカップに入ったカレーをインディカ米にすべてかけます。
お米の上に乗った、パパドと呼ばれる薄焼きせんべいをパリパリとかけたり、添えられた薬味や、その他の上段にあるカレーを、とにかくまぜまぜして食べるのが南インド流のようです。

中央のエビカレーは、さらっとしていてマイルド。プリッとした身がジューシー。左の豆カレー(かな?)は甘みのなかにパクチーが効いている。見た目からは味の想像ができないところが、わくわくしちゃいますね。

…そう、見た目と味のギャップ。異国の壁は厚く、時にびっくりしてしまうこともあります。
(しびれるようなチャツネにダウンするたび、インド人との味覚の違いを感じたり)

しかし、ここは日本人マスターのなせる技。

辛さは控えめで、日本人向けに考えられた味。薬味のチャツネも、パンチがなく食べやすかったです。まぜまぜして食べるのが本当に美味しかったです。

それに、カレーを食べたらきっと止めどなく汗が噴き出すだろうな…と意気込んでいたのですが、不思議と汗は出てこず。

スパイスの効果はじんわりと心地よい。この感覚もよかったです。

食後に冷たいチャイでクールダウンし、真夏の昼下がりに立ち向かうための英気を養ったのでした。笑

ではまた!

spice cafe ちょうたら

(null)

関連記事

2016-08-14 | Posted in ごはん, カフェ, ランチ, 湘南, 茅ヶ崎Comments Closed