鎌倉「松原庵」さんでお蕎麦ランチ。

Foodaholic more stronger than Shopaholic 📝 epicurean tour 🇯🇵 1st Sep 2016

See this Instagram photo by @stylebangkok * 14 likes

※写真はInstagramよりお借りしました。

こんにちは。

気づけば季節は巡り、秋の訪れを感じる大磯です。

大磯ロングビーチも先週末で今年の営業を終えました。
駅とロングビーチとを繋ぐ直行のバスがなくなり、若者の人気が急に途絶えると、すこし寂しい気分になるものですね。

ありがとう!また来年!

とはいえ、連日の食べ過ぎにより見事にサイズアップした私…
水着姿をさらす勇気など到底なく、大磯に居ながらロングビーチとも海とも縁遠い存在でありました。(来年に向けてダイエットします。ゆるい誓い。)

さぁ、気分はヘルシーに、お蕎麦でも食したい気分。
鎌倉の名店「松原庵」さんへと足を運んでみることに。

JR鎌倉駅から江ノ電に乗り換えて、由比ガ浜駅まで向かいます。

江ノ電に乗るのは久しぶりのこと。車内の床が木製であることに気を取られていると、あっという間に由比ガ浜駅へ到着。そこから歩いて3分程の場所にあります。

満席により少し待ったあと、2階の席へと案内されました。

実はこの日が2度目。(以前はテラス席でした。)
風が抜けるテラス席とは趣が異なり、
手入れが行き届いた家具たちに気持ちが凛とします。

素足に触れる畳の質感が懐かしく、涼やかでした。

さて、 何にしましょう。
コースにしようか、それとも食べたいものを選ぼうか。

メニューに添えられた説明書きが優しい。
どれもおいしそうで、心が揺れます。
「そばがきも捨てがたいなぁ。」

しばらく考えた末、鴨ロースのたたき、天ぷらの盛り合わせ、
温かいハマグリ蕎麦と冷たい鬼おろしすだち蕎麦をお願いしました。

はじめに出てきたのは鴨ロース。

お蕎麦屋さんではつい、鴨南蛮を頼みがちな私ですが。
肉汁のよく出た濃い出汁にばかりに気を取られ、鴨肉自体を味わうことはなかったように思います。肉自体が固く、こわばった印象だったような…

それに比べ、こんなに柔らかくジューシーに調理された鴨肉を食べたのは初めてです。醤油とおろしたてのワサビ、味付けは極々シンプルに。口の中で鴨の脂が溶け合い、とってもおいしかったです。

続いては、揚げたての天ぷらを大粒の塩で頂きます。
海老とイカの魚介系と野菜の盛り合わせ。ボリュームがありますね。

サクサク、ホクホク!
あふいッ!(アツいっ)思わず汗がにじみます。


天ぷらを少し頂き、「そろそろお蕎麦が食べたいな〜」という絶好のタイミングで
それぞれのお蕎麦が運ばれてきました。

ハマグリ蕎麦。むっ、これは…「中華そば?!」

ハマグリが効いた濃いめの出汁に、細い麺がお上品。
見た目は中華そばですが(失礼!)完全に「和」です。

汗をかいた体に塩分がしみてゆきます。

程なくしてハマグリ蕎麦は主人の元へと旅立ちました。

代わりに私の元へやってきたのは、冷た〜い鬼おろしすだち蕎麦。
粗くおろした大根・薄切りのすだち・麺を汁に絡ませて一気にすすります。

キリッと冷えた麺は引き締まって噛み応えがあり、すだちとの調和がたまらなくおいしい。
すだちの苦味は控えめで、一緒に食べても全く問題なしです。(今更ですが、一緒に食べてもよかったのよね。え?)

天ぷらの油が胃の中で一気に流されてゆくような、爽快感でした。
(天ぷらを否定するわけではないのですが。)

冷えたお蕎麦、「これぞ日本の食べ物〜!」と言いたい。
そして飲める人はお酒をクイッと。いいですね。

良い風でした😊

See this Instagram photo by @y_5168 * 17 likes

お店の雰囲気や、接客含め、とても居心地よく、お蕎麦もおいしい。外国の方にも、もちろん友達や家族にも紹介したいと思いました。

さて、のんびりランチを終えた後は、由比ガ浜〜JR鎌倉駅までお散歩。
暑さを凌ぐべくFARM TO YOUさんでデザート休憩。

KIBIYAベーカリーさんでパンを買ったり、鎌倉カスターでお馴染みの鎌倉ジャーマンでクッキーをお土産にしたり。なんだか充実したデートコースになりましたよ。
(デートというのはこそばゆい)

ではまた。

『松原庵』公式サイト

鎌倉と表参道に佇む蕎麦を中心とした和食料理店。鎌倉にはカフェも併設。

関連記事

2016-09-12 | Posted in ごはん, ランチ, 未分類, 湘南, 蕎麦, 鎌倉Comments Closed